お料理レシピ

新ゴボウのかば焼き

新ゴボウのかば焼き

材料

新ゴボウ...2本
ニンジン...2分の1本

A
 ひき肉(合いびき)...100g
 片栗粉(つなぎ用)...小さじ1

B
 砂糖...大さじ3
 しょうゆ...大さじ4
 みりん...大さじ4
 水...大さじ4

片栗粉...適量
油...適量
白ごま...適量

作り方

(1)新ゴボウは洗って5cm長に切り、やわらかくなるまでゆでる。ゆで上がったら、熱いうちにすりこぎを使って平らになるようにつぶす。ニンジンは皮をむき、小さく切ってゆで、熱いうちによくつぶす。

(2)(1)のニンジンとAを練り合わせタネをつくる。(1)のゴボウに片栗粉をしっかりつけ、その上にタネをのせる。さらにその回りに片栗粉をまぶす。

(3)油をひいたフライパンに(2)のタネを下にして入れ、焦げ目がつくまで両面をしっかり焼く。別の鍋でBを煮立たせておき、焼き上がったものを入れて煮からめる。仕上げに白ごまをふりかけできあがり。

お料理メモ



新ゴボウは皮をむかなくても使えます。春先のゴボウは皮をむいて調理してくださいね。
ゴボウを切るときは、少し長めにすると、完成の見た目がより「うなぎのかば焼き」に近くなります。
ゴボウをつぶすときは、すりこぎの先をうまくつかって、平らにつぶしてくださいね。