もも

もも

目利き情報

ももはデリケートなので、店頭で購入するときには、ももには"触らず"に選びましょう。
手で触らずにおいしいももを見分けるコツは表面に縦に伸びる線。これは縫合線と呼ばれ、ミゾが浅いものがおすすめです。
そして肉付きのよさそうなずっしりとした外観のものを選びましょう。

"川中島"の名で通る長野県有数の産地です

ももの出荷量全国第3位の長野県にあって、そのうちの約3割(長野県内1位)を生産しているのがJAグリーン長野です。
川中島の合戦で世に聞こえたこのエリアは犀川(信濃川)の南部に位置し非常に水はけがよいため、おいしいももが生まれる最適地。昼と夜の温度差が大きい長野県特有の気候もあいまって、全国でも指折りの「おいしいももの産地」となっています。
JAグリーン長野を代表する品種は「川中島白鳳(はくほう)」「川中島白桃(はくとう)」。"川中島"の名前が示すとおりこの地域で生まれた人気品種です。その他に「あかつき」「なつっこ」「黄金桃(おうごんとう)」などの優良品種も産出しています。
当JAでは、ももを「光センサー」を搭載した選果機で、糖度などを測定しています。糖度が13度以上のももを「輝々(キラキラ)桃」として販売しています。

主な品種と出荷時期

川中島白鳳

収穫期:7月下旬~8月中旬
特徴:長野市川中島で生まれた品種です。糖度が高く、酸味は少なめです。日持ちが他の品種に比べてよく、盆前の贈答にピッタリです。

あかつき

収穫期:7月下旬~8月中旬
特徴:平均糖度が13度以上と甘さが強く、果肉がち密で歯ごたえがある品種です。種の周囲の果肉がほんのり赤みがかっています。

なつっこ

収穫期:8月上旬~8月下旬
特徴:川中島白桃とあかつきを交配した長野県オリジナル品種です。果肉がやわらかめです。

川中島白桃

収穫期:8月中旬~9月初旬
特徴:長野市川中島で生まれた品種です。他のももに比べて日持ちが良く、贈答品として最適。果肉がやや粗めで歯ごたえがあり、固いももがお好きな方に最適です。

黄金桃

収穫期:8月中旬~9月初旬
特徴:長野市川中島で偶然に生まれた品種といわれています。淡黄色の果肉で強い甘味とほど良い酸味が特徴。熟すとトロットした口あたりになります。

                                

白根白桃・さくら白桃

収穫期:9月上旬~10月初旬
特徴:夏の終わりから秋にかけて楽しめるももです。

もも部会

部会長 宮﨑 淳一
部会人数 1,167人(R2年3月末時点)
年間出荷数量 約2,436トン
部会紹介 伝統あるももの産地に相応しく、もも部会では更なる栽培技術向上をめざし、技術情報の交換や共有化をすすめています。