えのきたけ

えのきたけ

目利き情報

全体にまとまりがよく、触った時にやや固く感じるものが良いでしょう。
笠は開ききらずに巻き込みが強いものが香りも味も良好です。
古くなると軸が茶色く変色しますので、きれいな乳白色のものが新鮮です。
おいしく食べられるのは冷蔵庫に入れて4~5日が目安です。

人工栽培発祥の地です

長野県はえのきたけ生産量ダントツNo.1であり、当JA管内も生産の一翼を担っています。
えのきたけの栽培は、今や全国各地で栽培されていますが、人工栽培の発祥は、当JA管内の長野市松代地区であるといわれています。現在にいたる歴史の長さはそのまま栽培技術に反映され、高い品質のえのきだけ生産に結びついています。
また、おいしいえのきたけを多くのみなさまに味わっていただけるよう、今でも品種改良、栽培技術の研究、輸送・保存技術の研究などに余念がなく、生産者が手塩にかけて栽培をすすめています。

出荷時期

通年

えのきたけは一年を通じて生産されています。
えのきたけの出荷のピークはなんといっても冬!鍋物にピッタリ、必須品です。また、夏の暑い時にサラダの材料として、また、美容やダイエット効果に期待が高く、年間に渡って楽しまれています。

えのきだけ部会

部長 林  昭夫
部会人数 11人
年間出荷数量 約1,537万パック
部会紹介 常に品質向上のための生産技術情報を交換しているほか、消費者ニーズに合った適正な出荷のために活動しています。
篠ノ井、川中島地区をはじめ、松代、若穂地区にも広がりをもっています。