JAグリーン長野の話題

「和なし」出荷前倒しへ

「和なし」出荷前倒しへ

JAグリーン長野特産果樹部会梨専門部の「和なし」が出荷本格化を迎える。今年は開花後の凍霜害で大きな被害を受け、数量減を懸念するが、小山英壽専門部長と営農技術員が梨生産者の全園を周り、園によって差はあるものの、主力の「南水」は、当初見込みよりも多めの着果が確保されていることを確認。玉肥大も良い。ただ、盆中の降雨と盆明けの高温で熟度が先行していることから、集荷日を3日前倒しして、荷受けを始め、重点市場への適期品の出荷による安定取引につなげたい考えだ。
同専門部では9月13日、2会場で「南水」の目揃会を開催。長野農業農村支援センター普及員とJA営農技術員が生育状況や収穫のタイミング、出荷規格の注意点を説明したほか、生産者が持ち込んだ南水の糖度・硬度調査を行った。
長野市篠ノ井の東部青果物流通センター会場には、15人が出席。支援センター普及員から、他産地の生育状況・品質を含め、収穫の目安やタイミングを、営農技術員からJAの出荷規格、出荷日程、また糖度調査の結果について説明した。営農技術員は、「熟度」が先行し、多くの園で収穫適期を迎え始めていることを伝え、採り遅れに気を付けるように指導。また、出荷基準のカラーチャートを目安にしつつ、着色を待つよりも「食味」を優先するよう伝えた。小山専門部長は「生産者の努力で当初見込みよりも多く着果しており、安堵したが、収穫も早まってきているため、注意して作業を進めてほしい」と呼びかけた。また、長野県オリジナルの新品種や栽培方法についても県普及員と視察に行った小山専門部長が説明。小山専門部長は「近年、当管内も含み、全県的になしの栽培が減っているため、品種と栽培の両面から当管内でもなしの生産量維持・拡大に努めよう」と呼びかけた。
南水の荷受けは14日から開始し、荷が集まり次第、選果作業を開始する予定。

詳細を見る

冷蔵シャイン 取り組み強化を

冷蔵シャイン 取り組み強化を

JAグリーン長野は、ブドウ「シャインマスカット」の冷蔵販売による人気果実の「中長期販売」と、これによる「生産者手取りの向上」に力を入れている。「冷蔵シャインマスカット」は、品質を確認したうえで、収穫適期の9月末から10月上旬に入庫し、11月中下旬まで保存。歳暮等の贈答用、生活協同組合等の企画販売需要を狙い、12月中下旬まで出荷する。講習会に出席した生産者から予め入庫予定数を聞き取り、出庫時には、生産者ごとに出荷日・出荷数量を割り振ることで、安定数量での取引と、安定・高価格での販売をめざしている。
JAは、品物の入庫時期を前に、取り組む生産者・取り組みを検討している生産者向けに9月14日、長野市若穂の若穂果実流通センターで講習会を開催。生産者22人が出席した。JA営農技術員が現状の生育状況を、生産販売部販売担当者が販売情勢と冷蔵シャインマスカットの取り組み方針を説明。天候の影響で生育が遅れ、糖度が十分に上がってきていないことから、例年よりも収穫・入庫を遅らせる対応が必要であることを説明。また、粒に張りがあり、軸が太いものを入庫し品質を確保するように指導した。販売担当者は、本年産の販売先を既に一定量を確保し、安定価格で販売できることを説明し、入庫量の事前報告や品質にこだわった出荷を求めた。今年初めて冷蔵シャインマスカットに取り組む生産者は、積極的に質問を寄せたほか、毎年取り組んでいる生産者は「贈ったお客様も贈られたお客様も喜んでいただけるものを出荷できるようにしていきたい」と意欲を見せた。
JAでは、出庫時に再度講習会を開催し、荷造りの徹底、品質の確認、また、出荷の割り振りなどを行う予定。また、ぶどう部会員を中心に、さらに、冷蔵販売への取り組みを推進し、取り組む生産者の増加を図りたい考えだ。

詳細を見る

りんご「中生」食味意識し出荷を

りんご「中生」食味意識し出荷を

JAグリーン長野で「リンゴ 中生種」の出荷が9月中旬、本格化する。中生種は、「紅玉」や「シナノドルチェ」。8月に始まった「シナノリップ」や「サンつがる」からリンゴ売り場を引き継ぎ、9月下旬から始まる「秋映」「シナノスイート」の中継ぎを担う。昨年に比べて2日ほど早く生育が進んでいるが、春先の開花がばらついたため、園や樹、枝によって果実の熟度も差があることから、JAでは、食味や地色を確認し、適期収穫に努めるよう、講習会で呼びかけている。
りんご部会員を対象に、9月9日・13日に3会場で講習会を開催。長野市信更町の信更果実流通センターでは、同町で栽培が盛んな「シナノドルチェ」を取り上げ、生産者40人が出荷規格を目合わせした。春先の凍霜害で、着荷量が例年に比べて少ないため、1個でも多くの果実を正品として選果できるよう、また、家庭用向けオープン箱品として出荷し手取りの確保につながるように、今年、多いことが予想される「サビ」の程度や果形、また着色の状況など、正品や等階級の基準を見本の果実19個を並べて示した。営農技術員は「ドルチェは適熟の期間も短い。特に今年は着色が先行していることから、地色が抜け具合と食味を確認し、稲刈やほかの作業と被って収穫が遅れないように、13日から20日の間に重点的に収穫作業を進めてほしい」と呼びかけた。
同センターでは13日にシナノドルチェを初選果する予定で、グリーン長野管内での出荷量は、約9,000ケース(1ケース=10kg)の出荷を見込む。紅玉は9,000ケース(同)。地元・関西・関東・中京の市場に重点的に出荷し、単価の確保向上をはかる。

詳細を見る

市場関係者へ「グリーン長野のぶどう」アピール

市場関係者へ「グリーン長野のぶどう」アピール

JAグリーン長野は9月10日、長野市、(株)長野県連合青果長野支社と協力し、「ぶどうトップセールス」を長野県連合青果(株)の市場内(長野市市場)で行った。長野市加藤久雄市長、JA神農佳人組合長、安藤猛常務、生産者代表の深美孝夫ぶどう部会長が出席。新型コロナウイルス対策を徹底して開催し、市場関係者へJAグリーン長野産のぶどう、長野市産の農産物の一層の取扱強化、販売拡大を要請した。
開催は2年ぶり。果実のセリ場前に特設のステージを設け、「ナガノパープル」「種なし巨峰」、「シャインマスカット」「クイーンニーナ」、また、今年度本格出荷を迎える「クイーンルージュ®」を並べた。コロナ対策で、例年行う試食こそ行わなかったものの、各代表が、場内に集まった仲卸業者など市場関係者、マスメディアに「ブドウの出来」をアピール。加藤久雄長野市長は長野市産農産物の取り扱いに感謝を述べるとともに「凍害や長雨など生産者が苦労された中、本当に立派なブドウができた。どんどん売っていただければ、生産者も市場もJAも、そして消費者のみなさんまでみんなが"うれしい"のでぜひよろしくお願いしたい」と要請した。神農組合長は、市場や市に御礼を述べ「春から非常に大変な年だったが、ブドウは完ぺき。グリーン長野のパッケージに注目し、ぜひお取り扱いをお願いしたい」とアピールした。
会場では、深美部会長が市場関係者やマスメディアの質問に答えながら、生産者として、ブドウの出来をアピール。「ぶどうは黒、青、赤系がそろい、生産者としてもさらに期待している。ぶどうは形、色、味、香り、これらのバランスをぜひ五感で味わってもらいたい」と話した。
JAによると、現在「巨峰(種なし・種あり)」「ナガノパープル」が出荷の最盛期、「クイーンルージュ®」「シャインマスカット」や「クイーンニーナ」が、本格出荷目前に控える。地元、東京、大阪、名古屋の重点取引市場を中心に出荷している。計画は766トン(前年実績対比100%)、10億5千万円(前年実績対比112%)をめざしている。

詳細を見る

キノコ最需要期 衛生管理体制徹底めざし巡回指導

キノコ最需要期 衛生管理体制徹底めざし巡回指導

JAグリーン長野は、えのきたけ部会、ぶなしめじ部会の生産者を対象に、巡回指導を行った。きのこの最需要期に差し掛かるなか、工場内の衛生管理体制を確認し、異物混入の防止と、これによる安全・安心な生産物の出荷と市場・消費者からの信頼の獲得をめざしたもの。えのきたけ部会は8月30日から9月2日に、ぶなしめじ部会は9月7日・8日に、JA生産販売部担当者が、各戸を訪問した。
このうち、ぶなしめじ部会坂田毅彦さんの工場(長野市川中島)の巡回指導は7日に実施。JA職員が、「きのこ衛生管理異物混入防止対策チェック表」と「きのこ栽培・包装施設におけるガラス類破損防止対策チェック表」をもとに、栽培室や生育室、荷造室内を確認し、A実施 B改善が必要 C実施していないの3段階で評価。昨年指摘事項となった箇所は改善され、各所で対策が講じられているなか、一部、夏場で網戸の開閉が多いことから、虫の侵入を防ぐため網戸の設置や戸締りなど、改めて、細心の管理体制を要請した。坂田さんは「自分のミスが、自分だけでなく、JAグリーン長野の全体の評価につながるので、細心の注意を払って異物混入防止などに努めたい」と気を引き締めた。また、いよいよきのこの最需要期を迎えることから、「おいしいきのこを作り、消費者のみなさんにおいしいきのこを食べてもらいたいという気持ちは十分だ」と生産に意欲を見せた。JA職員は、「9月に入り、きのこの価格も回復してきているので、より高値をめざせるように、生産者の皆さんに、改めて衛生管理にご協力いただきながら、より良い出荷につなげていきたい」と話した。
両部会では、巡回の指摘事項の改善に取り組むとともに、さらなる衛生管理体制の強化を通じ、高位安定品質のきのこ出荷を目指す考え。10月には、市場とWEBによる意見交換を予定し、安全安心のPRと、販売連携による単価向上にもつなげていく。

詳細を見る

JAグリーン長野の話題