JAグリーン長野の話題

ユーカリ生産拡大へ苗供給

JAグリーン長野花き部会花木専門部で振興する「ユーカリ」の苗配布と講習会を5月19日、長野市篠ノ井のJA育苗センターで行った。新たに導入・更新・拡大をねらう生産者42戸が午前10時から15時の間にセンターを訪れ、予め戸別に希望数量に分けられたポット苗を、生産者が持ち込んだコンテナに移動。営農技術員が移動作業を手伝いながら、定植のポイントや今後の管理についてアドバイスした。
苗の注文は、定年帰農者、花き部会員、法人等などから、約8,000本の申込みがあった。原産地からの種子供給が不透明な状況下、JAでは、4月7日から同センターで育苗管理をはじめ、多めに苗を確保。ユーカリの特性から、異株も混入するため、各戸に余分に苗を供給し、葉の形や葉色を目安に各自で判断するように要請。定植時には、根の活着を促進させるため、根の扱いや水管理に注意することを伝えた。定年退職を機に、200本の定植を予定する生産者の男性は「遊ばせている畑があり、ユーカリを植えてみようと2~3年検討し、やっと今年植えることができる。出荷に結び付けたい」と意欲。夫婦で200本の栽培に臨む男性は「一気に植えると管理が大変なので、今年だけでなく来年も見据えて増やしていけたら」と意気込んでいる。
ユーカリは、永年性の作物で初心者にも栽培管理がしやすく、遊休農地や中山間地での栽培もでき、冬場の収入につながる期待の品目。花き部会の主力品目の一つとして産地化がすすむなか、値崩れ防止へコンスタントな出荷調整を行いながら、さらなる生産拡大をめざす。

詳細を見る

優良な種子生産に「病害」混入防げ

JAグリーン長野水稲採種部会は、水稲育苗中の生産者の巡回指導を5月11日・12日に行った。田植え前の指導・確認により病害の混入を防ぐ目的。長野農業農村支援センター・原種センター・JA職員が水稲種子の指定ほ場および一般ほ場(主食用米)の苗の生育状況や病害の有無を検査。順調に生育が進んでいることを確認。引き続き、各戸で確認しながら、生育状況に応じ、5月第3~4週に田植えに移る見込みだ。
12日午前には、長野市信更町で検査員7人が4班に分かれ、部会員・生産者の案内で巡回検査。長野市信更町の信更果実流通センター周辺の担当班は、生産者5人と検査員2人がさらに2手に分かれ、育苗床を見て回り、生育状況や異形・病害の有無の確認、生産者からの質問に答えた。各戸では、播種前の水稲種子消毒・播種作業を例年同様に3月下旬から4月にかけて実施。種子生産に欠かせない異形・病害混入防止へ、消毒・管理の徹底を申しわせてきた。班ではJA職員が生産者に管理状況を聞き取りながら育苗床を目視。生育も揃い、異形等の混入がないことを確認した。生産者は、「箱の中心が伸び、周りがやや伸びてこないかまぼこ型の生育で心配していたが、生産者やJAの方に大丈夫だと言っていただき、まずは安堵している」と安堵した様子を見せた。巡回に回ったJA職員は「各戸で田植え前に確認し、田植えに移ってほしい」と呼び掛けている。

詳細を見る

シャクヤク本番へ

JAグリーン長野花き部会シャクヤク専門部で露地の「シャクヤク」出荷が5月中旬にピークを迎える。ハウス物は4月30日から3軒で始まり、露地にバトンタッチ。競合産地の出荷がピークとなる5月下旬までの短期間に、出来るだけ多くの本数出荷をめざす。今年は等階級に最上等級「特秀」規格を設定し、生産意欲と手取り向上につなげる考えだ。
5月6日には管内2地区(長野市篠ノ井、若穂)で目揃会を開催。このうち、篠ノ井の東部青果物流通センター会場には生産者11人と検品担当の職員が出席。営農技術員が新等級の内容とともに出荷規格を説明した。今年は、昨年苦しんだ「凍霜害」の影響もなく、花芽分化期間の管理徹底に努めたことから、生育も品質も良く仕上がってきている。特秀品の確保も含め、理想的な花姿とボリュームアップをめざし、収穫までのかん水対策を徹底していくことを確認した。営農技術員は、「選別に手間がかかってしまうが、より丁寧に作られている品物を少しでも高く販売し、生産者の意欲向上につなげたい」と意欲。岡田清一専門部長は「これからいよいよ出荷が始まり、短期間の勝負で忙しいが、いい品物を出せるようにしていきたい」と話した。
同部会では、シャクヤクを振興品目に位置づけ、生産者・量の拡大をめざし、花き部会員の複合栽培や、定年帰農者への新規導入、また、果樹等の他品目生産者にも取り組みを呼び掛けている。

詳細を見る

「樹熟トマト」で手取り向上をめざす

JAグリーン長野野菜部会施設果菜専門部では2022年度も「樹熟トマト」の出荷販売に取り組む。樹熟トマトは、樹で完熟させてから収穫し、荷造り・出荷販売する企画で、野菜部会施設果菜専門部の希望者10人が取り組む。品物は、長野市内のスーパー7店舗(デリシア)で販売。今年は5月16日から出荷を開始し12月初旬まで週3回の出荷で、生産者の手取り向上と「地産地消」の促進につなげる。
この説明会を5月9日、長野市松代町の道島集荷所で開催し、生産者9人が出席。生産販売部営業課担当者が、出荷規格と出荷日、注意点を説明した。生産者の要望により、今年は出荷規格に300円・270円規格(いずれも1袋280g)を設定。既存規格とあわせて5規格を設け、生産者がサイズなどを判断しながら袋詰め・値付けを行っていくことを確認した。生産者からは、「値付や出荷の判断に活用するため、販売先の状況などの情報をこまめにつないでもらいたい」と要望が上がった。JA担当者は、適時の情報発信を約束し、引き続き、出荷を要請した。酒井悦男専門部長は、「直売販売は余るというリスクもあるものの、何でも値上がっているなかで、少しでも有利販売につなげてほしい」と話した。
同専門部では、6月上旬から市場出荷も本格化する。樹熟品は市場出荷物に比べてより長く樹で熟させるため、収穫時期の調整も可能となり、作業労力分散につながるため、生産者の状況や価格動向に合わせた取り組みを進めている。昨年度は32,679袋(1袋=280g)の出荷を確保。今年度も、より多くの出荷を呼び掛けていく予定だ。

詳細を見る

クジャクソウ苗づくりをスタート

JAグリーン長野花き部会孔雀草専門部は、「クジャクソウ」の2022年度の栽培へ苗づくりをスタートした。8月から9月の盆・彼岸需要を主に出荷。草花類の生産量が全国的に減っていることもあり、近年は安定単価で取引がすすむ。露地栽培ができ、軽量であることから定年帰農者にも取り入れられ、ベテラン生産者とともに栽培維持に取り組んでいる。
苗づくりの講習会を5月2日、長野市篠ノ井のほ場で開催。生産者8人が出席し、JA営農技術員と長野農業農村支援センター職員が、昨年の生育・出荷の反省点を振り返りながら、挿し芽・株分けのポイント、適正施肥、今後の摘心作業について確認した。営農技術員は、草丈の伸長によって倒伏で出荷ロスもあったため、フラワーネット等での倒伏防止、また、施肥量の調整などを指導。また、コギクなどと複合栽培者が多いことから、収穫時期の作業調整を行うよう品種選択、作業管理、また、7月に咲かせる方法に挑戦するなどをすすめた。柳澤信一副専門部長は「1本でも多い出荷へ協力をお願いしたい」と仲間に協力を呼び掛けた。
JAではこれから苗づくりが進む品目のため、花き部会員を中心に複合栽培を引き続き進める考え。10万本以上の出荷をめざす。

詳細を見る

JAグリーン長野の話題