JAグリーン長野の話題

「おいでや小島田」今年度の営業始める

「おいでや小島田」今年度の営業始める

長野市更北地区の生産者・住民の「おいでや小島田」が2021年度の店舗営業を4月3日に開始した。JAグリーン長野旧小島田支所を店舗に今年で11年目。農産物の販売はもとより、生産者や地域住民が集まる「地域のコミュニティの場」としての機能を高め、地域活性化につなげていく考えだ。
おいでや小島田は期間営業店として、4月から12月の毎週土曜日に開く。10周年を迎えた昨年は、新型コロナウイルス禍で、店舗営業は続けたものの、イベント出張販売(外販)は6分の1までに減少、また、店舗を会場にした地域向けの「お茶のみサロン」や交流会等がほとんど中止となった。「節目の年で、イベントなどを計画したが出来ずに残念」と肩を落とすのは事務長の佐藤勝司さん(75)。佐藤さんによると、生産者からの継続出荷と地元客の利用、予約注文販売なども通じて、売上目標の200万円には欠けたものの、外販を含む46日の販売日の中で約180万円を売り上げ、生産者の意欲や楽しみにもつながり、「地域に定着した活動になっている」と話す。
営業開始日は、8時開店を前に、会員が長芋やネギ、菜花、ホウレンソウ、リンゴ、キノコ、米など、さまざまな農産物を持ち込んだ。また、会員の女性が集まり、加工施設内で「おやき」を作り、事前注文分も含めて8種250個以上を作り、並べた。昨年会員となった男性は「たくさん売れるというわけではないが、いろんな方と知り合うことができ交流できている。今年は、ほかの方が作っていないような珍しいものに挑戦して出荷していければいい」と意欲を見せた。
店舗内の交流スペースには、アクリル板を設置した。店長の松尾貞夫さん(82)は、「農産物の販売はあくまで事業の一環であって、"人的交流"が主。地域のコミュニティ広場として、地域の方が集まって利用していただける場所にしていきたい」と話す。
店の営業は12月中旬までの毎週土曜日、朝8時から15時まで。地元客はもちろん、「おいでや」の店舗名が示すとおり、多くの方に寄ってもらいたい考えだ。

詳細を見る

大好きな地域へ貢献

大好きな地域へ貢献

JAグリーン長野は4月1日、13人の新採用職員を迎えた。長野市篠ノ井のグリーンパレスで「入組式」を開き、辞令を交付。神農佳人組合長は歓迎のあいさつを述べるとともに、コンプライアンスの徹底と健康管理・事故に注意することを強調し、「何かあった時には、一人で抱え込まず、仲間、上司に気軽に相談し、仲間としてともに頑張っていこう」と話した。新採用職員を代表し、中津支所(同市川中島町)に配属された金山レイナさんは入組に喜びと感謝を伝え、「地域農業や大好きなこの地域を守るために、日々の業務を早く覚え、積極的に自己研鑽に励み、早く一人前になりたい」と決意を表明した。

詳細を見る

豊作へ生産者の願いをのせ アンズの花見頃

豊作へ生産者の願いをのせ アンズの花見頃

長野市松代町東条の「東条あんずまつり」が3月末、満開とともに来場のピークを迎えた。今年で13回目の花まつり。地元アンズ生産者を中心に、東条あんず祭り実行委員会を組織。開花にあわせて3月25日から、会員の園に、駐車場や特設テントを設け、来場客の案内や生産者・地元住民が手掛ける「アンズ加工品」や「おやき」等の物販など行い、アンズの花を愛でる客らをもてなしている。31日は、特設テント前の園がちょうど見頃。来場客が次々と訪れ、一帯に咲く花を観賞していたほか、実行委員会が設置した椅子に座り、ゆっくりと花に見入っていた。市内から来場した男性は、「初めて来たが、ちょうど見頃で、存分に楽しめた」と感想を寄せた。
実行委員会によると、新型コロナウイルス対策として、消毒用アルコールの設置を行ったほか、物販コーナーでは販売量を例年より減らし、また、恒例のイベントも自粛したものの、31日までに県内を中心に約5,000人が訪れるなど好評を博しているという。阿部惣一実行委員長(73)は、「来場者のみなさんに花を楽しんでもらえるのは非常に良い。農家にとっては、今年も綺麗に花が咲いて、たくさん良い実がなることを祈っている」と話した。まつり期間は4月4日を予定する。

詳細を見る

果樹産地発展へ意思共有 もも部会・りんご部会定期総会

果樹産地発展へ意思共有 もも部会・りんご部会定期総会

JAグリーン長野もも部会とりんご部会は3月26日、長野市篠ノ井のグリーンパレスとくらしのセンターで定期総会を開いた。新型コロナウイルス対策として、出席対象を役員に絞って規模を縮小するなか、2020年度の部会活動実績、2021年度の生産目標を共有した。
このうち、もも部会は2020年度、「令和元年台風19号災害」からの復興をめざし、「産地の再構築」を目標の一つに掲げて生産活動にまい進。しかし、開花期の低温、収穫直前期の長梅雨、また、モモ穿孔細菌病の発生等が品質に影響し、台風19号分の減産見込み以上に、出荷量の減少に苦しんだ。しかしこのなかでも、生産者の適期収穫による出荷努力と、市場からの強い出荷要請により、高単価での取引につながり、また、若手生産者を中心に、苗木の新植もすすみ、産地の復興へ期待が高まり、取扱量は約1400トン(計画比65.3%)、販売金額は7億5,400円余(計画比76.2%)となった。宮﨑淳一部会長は「台風、せん孔、コロナなどトリプルパンチの苦しい状況だが、長野県No,1のもも産地を守ろうを合言葉に、生産意欲を高めよう」と呼びかけた。
りんご部会では、生産者の高齢化による生産者・生産量の減少もあるなかで、高密植栽培や半ワイ化栽培など、省力栽培技術の導入や、長野県オリジナル品種の生産振興などで、生産維持、また、恒例の「ふじまつり」は中止したものの、即売会などで販売先・期間を確保し、生産者手取りの確保・向上につとめてきた。結果、販売金額は8億9,900万円余(計画比98.6%)を確保。宮崎定一部会長は「コロナの中、改善できることは改善してやってこれた。部会員の意見でさらに改善できるところは改善し、よりよりりんご部会にしていきたい」とあいさつ。駒村信一専務は、「JAも生産者のみなさんと一緒になって取り組んでいくので、なんでも技術員に相談してもらいたい」と呼びかけ、さらなる生産振興へ、部会活動支援を約束した。
JAでは、引き続き、生産者の生産部会への加入と部会と一体となった生産・販売により、果樹産地の維持・発展に努める考え。

詳細を見る

地域の新一年生の交通安全祈願を

地域の新一年生の交通安全祈願を

JAグリーン長野若穂支所・綿内支所は3月29日、長野市若穂の若穂地区住民自治協議会に「ランドセルカバー」94枚を寄贈した。地区3小学校(川田・保科・綿内)の新1年生の交通安全祈願と、地域と地域農業を担う次世代の子供たちの成長祈願、地域貢献を目的に、今年で6年目の活動。住民自治協議会事務所で開いた寄贈式には、小林和彦若穂地区代表理事と、松坂英俊若穂支所長が出席し、小宮山泰典住民自治協議会長と北島光雄副協議会長に渡した。小林理事は、「新1年生が楽しく学校生活を送れるように活用していただき、JAも子どもたちを応援していきたい」とあいさつ。小宮山協議会長は「毎年いただき、子供たちの事故防止につながっている」と謝意を述べた。
寄贈したランドセルカバーは、黄色の生地にJA名と住民自治協議会名を印字し、反射材がつき、車両から見えやすい構造。川田小に29枚、保科小に14枚、綿内小に51枚を、それぞれ住民自治協議会長らが3月中に届ける予定という。
JAでは、地域に根差すJAとして、地域貢献活動に引き続き取り組む考えだ。

詳細を見る

JAグリーン長野の話題