JAグリーン長野の話題

リンゴ「シナノゴールド」出荷始まる

リンゴ「シナノゴールド」出荷始まる

JAグリーン長野は、リンゴ「シナノゴールド」の選果を10月20日からスタートした。温度低下しているものの、昼夜の寒暖差がやや少なく、生育が停滞気味。昨年より2日ほど遅れている。玉肥大は順調で、収穫の目安となる地色も抜けはじめている。糖度の上昇と酸味抜けが相まって、食味よく仕上がってきている。りんご部会各支部では15日から19日にかけて講習会を開き、収穫のタイミングや、市場出荷向けと家庭用消費向けの一次選果のポイントなど目合わせを行い、品質を揃えた出荷で手取り向上を目指している。
長野市篠ノ井の西部青果物流通センターでは、同日朝、選果を前に選果担当者とJA営農技術員が目合わせを行い、選果基準を確認。外観上のサビ・キズの程度、地色の抜け具合、果形など、それぞれの着眼点を営農技術員が説明した。選果開始後には、営農技術員が実際に選果された等階級ごと区分された果実を見て選果精度を確かめ、目合わせした通りに作業が順調に進んでいることを確認した。
生産販売部販売担当者によると、りんご3兄弟の「秋映」「シナノスイート」の出荷も終盤に向かい、3兄弟の最終となる「シナノゴールド」については、市場からはセット販売等への要望もあり、今後の販売に期待を寄せている。JAでは約28,000ケース(1ケース=10kg)の出荷を見込み、地元・中京市場を中心に関東、関西方面の重点取引市場へと出荷。11月上中旬に始まる主力の「サンふじ」にバトンをつなぐ。

詳細を見る

台風から復興へ意思結集

台風から復興へ意思結集

JAグリーン長野野菜部会根菜専門部は10月15日、「長芋生産者大会」を開いた。出荷開始を前に、販売環境や市場の要望を確認し、需要にあった適期供給と生産意欲の増大につなげる目的。新型コロナウイルス対策を講じ、短時間開催のなか、生産者31人とJA役職員、JA全農長野、地元市場担当者出席した。
大会では、昨年度及び今年度の販売情勢を振り返った。昨年度は豊作基調にあったなかで、出荷を前に台風19号の襲来で千曲川河川敷に大規模な被害が発生。芋が土ごと流され、土砂の堆積により掘り採り遅れも発生し、収量減と品質への影響が懸念されたなかで、長芋の出荷実績は約474トンと前年の85%(552トン)に留まった。JAでは、被災者に対し、JAの農業開発事業等を通じ、流されたり折れ曲がった「支柱」の更新や種芋への助成を行い、生産意欲の維持をはかってきた。河川敷内には放任園もあり、オオブタクサ等の繁殖が課題にもなっているが、多くの生産者が栽培を続け、昨年に近い収穫量を確保できる見通しを立てている。販売情勢は、新型コロナウイルスによる加工業務用・イベント用需要の減少が懸念されているが、家庭内消費の増大のほか、健康面から長芋の効果効能に注目が集まり、需要の拡大に期待がかかっている。
真島敏範根菜専門部長は「台風災害で未だに栽培できていない園地も多いが、今年は昨年並みに芋がよく育っていて期待できる。昨年以上に出荷をしていこう」と呼びかけた。安藤猛常務は「台風を乗り越え、JAグリーン長野ブランドの良い芋を出荷していけるようJAとして全力で支援していく」と約束した。
専門部では、目揃い会を10月末に開催し、本格出荷にむけて、品質の最終チェックを行う予定だ。

詳細を見る

地域・担い手待望!工事着手へ

地域・担い手待望!工事着手へ

長野市若穂綿内の「綿内東町地区農地中間管理機構関連農地整備事業実行委員会」は、営農地中間管理機構関連農地整備事業を取り入れ、山新田工区の区画整理や畑地かんがい施設整備の工事着手にこぎつけた。高生産性果樹団地化、担い手への農地集積、りんご高密植栽培・新わい化栽培の導入による地域の課題解決と農業のさらなる発展をめざしている。
同市若穂は果樹を中心に営農が盛んな地区。今回の事業対象となる山新田工区(12.8ヘクタール)ではりんご栽培が盛んだが、傾斜地(主傾斜15%)に位置し、狭小な区画と石垣が支障となって防除機の安全走行が困難、また、高齢化による農家減少と荒廃農地の増加が課題となっていた。2017年(平成29年)、土地改良法の改正で中間管理機構への委託により、受益者負担なしで基盤整備が可能になることを知った地区の農業委員らが同年4月に準備委員会を設立。地区農家、長野地域振興局(県)、長野市、(一社)長野市農業公社、土地改良事業団体連合会、地元JAが関わり、区画整理等による生産性の向上と荒廃農地の再生、農地中間管理事業の活用による担い手への農地集積促進、リンゴ高密植栽培・新わい化栽培の導入による収益性の向上を目標に掲げた。
法案成立とともに、既存生産者への働きかけに取り組み、2018年(平成30年)に受益地全てに農地中間管理権を設定。合わせて、担い手への農地集積に向けて認定農業者ら担い手を募り、生産者は22人うち認定農業者は17人と、担い手への面積集積率は81.6%となり、生産者の年齢層も、現行の50代~70代が100%のところが、30代~50代で約70%に若返ることとなった。栽培面積は、りんごを中心にぶどう、プルーンなど約9ヘクタール。工事により地形勾配は10%までに抑えられる。果樹経営支援対策事業等によるリンゴの高密植栽培、シャインマスカット等の導入を順次進めることで、区画平均1,000平方メートルを約3,100平方メートルまでに拡大する見込み。担い手の一人は「全国でも先駆けとなる事業で、責任重大。ちゃんと稼げる農業をめざしていきたい」と意気込んでいる。
実行委員会は10月14日、「県営綿内東町地区山新田工区区画整備整理工事起工式」を工事予定地で開催。実行委員、行政、JA関係者らが出席し、工事と事業の無事を祈った。駒村和久委員長は、事業の経緯を振り返り各所の協力に感謝を伝えるとともに、「令和4年の春には担い手が植栽できるように、工事の無事を祈る」と挨拶。長野地域振興局長や加藤英夫長野市議会議員、JA神農佳人組合長もそれぞれに実行委員会生産者への労いと工事の無事を祈願した。
農地中間管理機構関連農地整備事業の区画整理、畑かん施設設備、石礫除去、農道整備は令和5年までを予定し、2022年(令和4年)3月には苗木定植を見込む。合わせて、綿内清水工区(10ヘクタール)の区画整理着手にも事業を進めていく。

詳細を見る

業者需要に合わせて家庭内需要も狙って

業者需要に合わせて家庭内需要も狙って

JAグリーン長野花き部会トルコギキョウ専門部で、「トルコギキョウ」の出荷が本格化した。専門部では生産者間で定植時期をずらし、9月から11月にかけて生産者間でリレー出荷。例年ブライダル需要が高まる10月に多くの生産者の出荷が出揃う。今年は、新型コロナウイルスの影響により、ブライダル需要は落ち込むものの、家庭内消費が増え、業者向けには需要の低い「草丈の短いもの」も安定しているという。販売情勢として、市場への入荷数量は減ってきているが、極端な単価高にはならないが、コロナの影響も少なく、安定価格での販売が進み、JA担当者や生産者も出荷意欲維持向上させている。
専門部では10月14日、長野市篠ノ井の東部青果物流通センターで目揃会を開催。生産者11人が出席し、出荷物を見本に目合わせした。JA営農技術員は販売情勢と出荷規格を説明。専門部としては草丈の短さから例年下位等級の規格も、今年は家庭内消費の需要から有利に販売出来ているため、積極的な出荷を推進。また、気温が下がる中で開花のタイミングにあわせた採花と、温度変化による花シミ予防がより重要になっていることから、気温に合わせハウスの温度管理に注意を払うよう再確認した。竹林一二専門部長は「出せるものは残さず、張り切って出荷していこう」と呼びかけた。
販売は、東京や名古屋の重点取引市場への出荷、冠婚業者への直接販売で約11万本の出荷を予定。また、今年度は、ECサイトでの販売にも着手し産地のPRと顧客獲得につなげる考え。

詳細を見る

魅力あるトルコギキョウ栽培に挑戦しませんか

魅力あるトルコギキョウ栽培に挑戦しませんか

JAグリーン長野は、長野農業農村支援センターと10月10日、「トルコギキョウ見学会」を開いた。農業に興味を持つ人や、トルコギキョウ栽培を検討する長野市民やJA組合員を対象に、市の広報やJA広報誌などで募集。見学希望者11人のほか、JAながのちくまブロックのトルコギキョウセミナー参加者らが、同市稲里町のトルコギキョウ生産者のビニールハウスを訪れた。
現地では、トルコギキョウ栽培の特徴、花の販売情勢、必要な資材などを、支援センター普及員、JA全農長野、JA営農技術員が順に説明。ブライダルのほか、新型コロナウイルスによる販売環境の変化で、家庭内需要・消費も伸び、販売単価が安定していること、また、栽培用にはビニールハウスが必須だが、空きハウス・ほ場の案内、資材費の助成等を行っていることを伝えた。また、ほ場主で就農5年目となる曽川とし子さんが、「農業未経験から花を作りたいと、ほ場を借りてビニールハウスを新設し、トルコギキョウに取り組み始めたこと」「不明な点は、都度JA営農技術員に指導を仰いだこと」「他の生産者の技術や生育状況を知り得てスキルアップにつなげるほ場巡回があり、手本となる生産者の意見を聞けること」などの体験を発表。「トルコギキョウ栽培の難易度は★5つで生産者の先輩方が"毎年1年生"と仰っしゃるように難しさを実感しているけれど、収穫できるときの体験は何よりも嬉しく、苦労した分だけの販売にもつながっている」と話し、栽培への挑戦を薦めた。
話の後、ほ場内を自由に見学。導入に前向きな生産者は「施設などの初期投資のハードルが高いが、花をつける姿も含めて非常に魅力的。」と話した。また別の参加者は「施設が必要なことを知らなかったので、自分には栽培が難しいと思ったが、現場のご苦労を聞くことが出来てよかった。ぜひ購入して、家に飾って雰囲気を味わいたい」と話した。
営農部塩野宏昭営農技術員は、「施設等が必要だが、管内は過去から栽培される産地として、需要もまだまだ伸びるので、ぜひ栽培してもらいたい」と挨拶。JAと農業農村支援センターは、今回の見学者から希望を募り、新規に導入を検討する者に向け、定期的にセミナーを開く考えだ。

詳細を見る

JAグリーン長野の話題