JAグリーン長野の話題

品質統一を再確認

JAグリーン長野えのきたけ部会は11月25日、長野市篠ノ井の営農センターで、品質検査と目揃会を開催した。きのこの最需要期に合わせ、生産者間の品質統一を目指したもの。出荷規格の再確認と生産意欲の向上にもつなげている。
品質検査では、8戸の生産者から出荷された包装済みのえのきたけ200gと100gを、出荷者名を伏せて1箱分(200g1箱=30パック、100g1箱=50パック入り)を並べ、目揃会に出席した生産者とJA職員が、8項目(包装、色沢、傘形状・大きさ、傘揃い、茎太さ・形状、茎揃い、水分、株元処理)を5段階(極めて良い~極めて悪い)の40点満点で点数付け。1袋ずつの見栄えや箱全体としての品質を総合的に評価した。結果は、各戸とも、標準から良い評価となり品質もそろってきているが、一部水分過多のもの、傘の大きさにばらつきがあったものも見られた。結果を受け、JA職員は、改めて、芽出し時から生育管理中の湿度や温度管理の徹底、また、異物混入防止について、各戸の従業員まで含んだ周知・管理の徹底を呼び掛けた。
また、目揃会では、10月に行った「低コストダンボール」の実証実験の結果と導入についても協議。輸送業者や市場からの不備の報告はなかったことから、現状のダンボール在庫が終わり次第、切り替えることを同意した。山崎圭次部会長は「生産者の努力により品質もそろってきている。さらに品質を高め、グリーン長野のえのきたけの有利販売につなげていきたい」と意欲を示した。
全国的な野菜の豊作安値傾向により、えのきたけを含むきのこ売り場が狭いなか、JAでは年末商談などに積極的に取り組み、売り場・取引の拡大による価格向上へ、PR・交渉をすすめている。あわせて、原油高による資材費の高騰も懸念されるなか、対応策の検討もすすめ、生産者の経営の維持を支援する考えだ。

詳細を見る

女性中心にブドウ棚づくり

JAグリーン長野管内で水稲や小麦などを大規模に栽培する、農事組合法人ゴトーファームは、「ブドウ」栽培を導入する。売上の拡大による社員の時給向上とこれによる雇用の創出につなげる考えだ。
同社は過去に加工用ブドウを栽培したことがあるが、「種なし品種」の栽培は初の試み。ほ場は、長野市篠ノ井塩崎の同社近くに50アールを確保した。
ブドウ棚の新設にあたり工賃削減をめざし、基礎部分や固定などの力のいる作業、重機を使用する作業は、業者や男性社員が行うものの、設置作業の多くを同社の女性社員が担った。11月24日から基礎より上部分、パイプの設置・固定の作業を開始。25日には5人の女性社員と、後藤社長、生産者仲間1人が作業に当たった。女性社員は、10kg以上の単管パイプを運んで設置場所に置き、基礎にパイプを立て、測量機で水平・高さを測った位置にクランプをインパクトレンチで固定。力を合わせてパイプを持ち上げ、1.8メートルの高さで単管をつなげ、固定した。後藤貴史社長は、「設置には単純作業も多く、自社でやることで、工賃は半分から3分の1に抑えられる。大豆の収穫作業と被っているなかで、何より女性がよく活躍してくれている」と女性の活躍を称えた。設置作業は約10日ほどで終える予定という。
同社では、「シャインマスカット」や「ナガノパープル」など、JAの振興品種の苗木を確保。市場や消費者需要の高いブドウ栽培により、さらなる経営基盤の拡大につなげていく。

詳細を見る

リンゴで感謝を届ける

JAグリーン長野は11月26日、JA長野厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院と長野松代総合病院にリンゴ「サンふじ」を贈呈した。11月22日「長野県りんごの日」に合わせ、リンゴをPRするとともに、地域医療を支える病院、医療従事者への感謝を込めて毎年贈っているもの。神農佳人組合長が篠ノ井病院、駒村信一専務が松代病院を訪れ、それぞれの院長に3ケース(1ケース=10kg)を届けた。
南長野医療センター篠ノ井総合病院では、神農組合長が、JA・組合員を代表し、病院関係者への感謝を述べるとともに「凍霜害があり非常に厳しく、農家も苦慮して出荷していただいているなかだが、何とかお届けできた。ぜひみなさんに召し上がっていただき、よろしくお願いしたい」と話した。宮下俊彦統括院長は、「天候に左右されみなさまご苦労されるなか、立派なものをいただけて大変うれしく思う」と感謝を述べた。同院では、このリンゴを入院患者の食事として提供する予定という。
23日には長野松代総合病院附属若穂病院にも2ケースのリンゴを贈っている。

詳細を見る

リンゴ即売会

JAグリーン長野でリンゴを扱う4流通センターは、11月15日から28日のうち、センターごと数日間、「リンゴ即売会」を開催している。新型コロナウイルス対策として、例年開く「ふじまつり」を期間を長めに設定し、来場客の分散を図った。今年は春先の低温・凍霜害で品質低下が発生し、贈答発送用は早期に受付を終了、即売会期間は家庭用向けのオープン箱品を中心に販売し、好評を博している。
長野市若穂の若穂果実流通センターでは、11月23日・24日に同センターで即売会を開催。10時開店を前に多くの来場客が集まり、販売がスタート。家庭用向け品として「サンふじ」「シナノゴールド」を準備し、雹害果を1箱1,000円(1箱=5kg)、それ以外を1,500円と、価格を分けて並べ、流通センター運営委員の生産者が店頭に立って、来場客からの要望や相談に応じながら販売。女性客は「見た目は気にせずおいしくいただいている。大変ななかで作ってくれている生産者さんに感謝している」と話し、生産者に選ぶのを手伝ってもらいながら5箱を購入していた。生産者は「味はとても良いので、多くのお客様に買ってもらえればありがたい」と話した。同センターでは2日間で約800箱を売り上げた。
JAでは12月中旬までリンゴの市場出荷を続け、販売拡大による生産者手取りの確保に努める考えだ。

詳細を見る

長野県りんごの味求めて

JAグリーン長野と長野市篠ノ井有旅のリンゴ農家による有旅ビュウーりんごオーナー実行委員会は11月20日・21日、リンゴオーナーの収穫作業を行った。今年で22年目。近年3園の園主が管理作業を担っていたが、一人が高齢を理由に辞退し、今年は2園主による2園で開催。県内外67組84本の予約を受けた。新型コロナウイルス対策を講じ、両日とも各組の来園時間を調整し、来園者の理解・協力を得ながら開催した。
オーナーは、園主から収穫カゴや脚立、コンテナを借りて作業を開始。栃木県から今年で5度目、3世代で来園した40代の女性は、「こちらのリンゴを食べてから、スーパーでリンゴが買えなくなったほどおいしい。これからもぜひ続けたい」と目を輝かせ、1個1個丁寧に収穫をしていた。また、埼玉県から来た60代の女性は、「コロナで孫たちを連れて来られなかったが、おいしいリンゴを収穫して届け、来年はぜひ家族みんなで来たい」と話した。
園主の田島敬久さんは、「思っていたよりも着果は良い状態でオーナーの皆さんを迎えられた。この制度の跡継ぎの確保など、課題もあるが、オーナーの皆さんに喜んでいただけるように、減農薬にこだわり、りんごの木の仕立て方の更新などをしながら、続けていければ良い」と話した。
今年は、春先の低温・凍霜害により、同JA管内のリンゴは着果量や品質に大きな影響が発生し、JAへの出荷数量は各品種とも前年の60%ほどと非常に厳しい年。オーナー園は比較的被害は少なく済み、園主は樹ごとの品質や着果量の差が出ないよう、摘果や病害虫対策などの丁寧な管理作業を進め、来園者からの評価も上々だ。
JAでは、引き続き園主と連携し、オーナー制度の維持・運営に努めていきたい考えだ。

詳細を見る

JAグリーン長野の話題