JAグリーン長野の話題

リンゴ収穫を通じて地域交流を

長野市篠ノ井会区の定年帰農者で組織する「あいアップル」は10月1日、同区公民館のリンゴ収穫体験を受け入れた。地域住民の親子ら9組が参加。75アールの新わい化ほ場で「秋映」を収穫した。
受け入れのきっかけは、3年前、あいアップルのメンバーの一人が公民館長を務めていたこと。区は新たな住宅地が増え、アパートも多く、農業や地域に縁遠い住民も多いこと、また、区内を隔てるバイパスを挟んだ反対側には古くからの優良農地も多いことから、地域住民の農業への理解醸成と住民間交流を目指して開催。以後、毎年、新型コロナウイルス対策を講じながら開催を継続し、今年もこの日を迎えた。
収穫体験では、あいアップルメンバーから収穫の方法や収穫する果実の目安を聞いて作業を開始。「べたべたしているもの」「色」を目安に収穫して収穫かごに詰め、気に入ったものは持ち帰り用として持ち寄った袋に詰めた。子供たちは「高いところになっているのを採りたい」「大きいりんごが良い」とそれぞれに話しながら、保護者のサポートを受けて樹から実をもぎ取っていた。また、生産者の補助のもと、高所作業車にも搭乗し、機械を使った高所での作業も体験していた。初参加の保護者は「農業はやっていないので、この地に住む者として車からリンゴ畑を眺めているだけじゃなくて、ぜひやってみたいと参加した。子供も楽しそうにやっていてとてもいい機会に恵まれた」と話した。リピーターの保護者は「毎年この日を楽しみにしている。農業に携われて貴重」と収穫に精を出していた。
あいアップルは、会区の農地保全を目的に、手間をかけずに省力的に栽培ができる規格としてJAが進める「カットリンゴ」用のリンゴ栽培を手掛ける。メンバーは定年帰農者4人と、今年、1人の準会員を迎え、9月29日から秋映の収穫を行い、10月中旬にはシナノゴールドの収穫作業を予定する。代表の久保田敏夫さんは「地域のみなさんの農業経験になって、ぜひ地元の農業に興味を持っていただければ何よりうれしい」と話し、今後も区の企画に協力していく考えだという。

詳細を見る

農産物販売を通じ協同組合活動をアピール

JAグリーン長野生産販売部は10月2日、長野市大字鶴賀のながの表参道セントラルスクゥエアで開かれた長野県協同組合フェスティバルに出店した。販売物は、ぶどう「シャインマスカット」「ナガノパープル」「クイーンルージュ®」「クイーンニーナ」や、なし「南水」、リンゴ「シナノドルチェ」など旬の特産果実や、グリーン長野オリジナルジャム3種。来場客に味の特徴などを伝えながらアピールした。観光途中に寄った男性客は「長野県の農産物をお土産にするとすごく喜ばれる」と話し、ブドウやオリジナルジャムを買い求めていた。
行楽・イベントシーズンを迎えるなか、10月から11月にかけ、JAでは旬の農産物の販売拡大・PRを目的に、新型コロナウイルス対策を講じながら出店を予定している。

詳細を見る

冠婚葬祭需要見据え トルコギキョウ出荷本格化

JAグリーン長野トルコギキョウ専門部で10月初旬、「トルコギキョウ」の出荷が本格化する。抑制作型として7月から8月にかけ7人の生産者が定植。定植の早い生産者で9月から、多くが10月をピークに11月まで、ブライダル等、冠婚葬祭需要も意識しながら様々な品種をリレー出荷する。今年は、生育期に温度が高めに推移したため、生育が前倒しになり、9月上旬から出荷がスタート。約10万本を目指している。
全生産者の出荷スタートに合わせ9月28日、長野市篠ノ井の東部青果物流通センターで目揃い会を開催。生産者、センター職員が出席し、出荷規格や管理の注意点を確認した。各産地とも前倒しになり、産地切り替えの端境期を迎え、販売単価も安定・高値で推移していることをJA職員が報告。生育も順調で、草姿・ボリュームも良く仕上がってきている。出荷に向け、市場からのクレームになり得る「花シミ」対策へ、気温に合わせ栽培施設の開閉時間に注意を払い、循換扇も併用しながら対策を講じるように呼び掛けた。また、オオダバコガの発生もみられることから、虫害対策を講じていくよう指導した。竹林一二専門部長は「花シミにならないように対策をしながら、値もよいと聞くので1本でも多い出荷をしてもらいたい」と話した。
専門部では、9月22日に全専門部員出席した「ほ場巡回」を実施し、現場での課題や技術の共有による品質の維持・向上に努めている。

詳細を見る

秋映・シナノスイート始まる

JAグリーン長野りんご部会は9月22日から30日にかけ、中生種「秋映」「シナノスイート」の出荷講習会を、管内12会場で開催している。販売情勢の確認、出荷規格の目合わせを行い、品質統一による安定高単価販売をめざす。
長野市真島町のほ場で22日に開いた講習会には、部会員36人が出席。営農技術員が、前半品種の販売情勢を報告するとともに、中生種の生育状況と満開日から見る収穫のタイミングを伝え、玉の大きさ、着色、見た目を観点に、選果基準を説明した。台風の影響も懸念されたなか、多少の落果はあったものの、着果量はおおむね平年並みの確保を見込む。このなか、秋映については、果面にサビの発生がみられるとの声が寄せられ、営農技術員は、生産者段階で行う家庭用向けのオープン箱と正品の一次選果基準のポイントを伝えた。生産者の一人は、「収穫間際にきて、風や雨が心配だが、収穫適期となっているものから、順次収穫していきたい」と話した。
JAでは、秋映の集荷開始を9月26日に、シナノスイートを10月3日に設定し、秋映51,000ケース(1ケース=10kg)、シナノスイート36,000ケース(同)を、中京、関西、地元、関東の市場へと出荷したい考えだ。

詳細を見る

4年度講座を開講「JA女性カレッジ」

JAグリーン長野は9月20日、「令和4年度JA女性カレッジ」を開講した。これはJA事業理解・利用の促進、JA推薦図書「家の光」の活用、女性部への加入促進などを目的に、「女性がやってみたいことを叶える」講座。月に1回、少人数開催を予定し、新規受講生2人を含む85人が登録した。
初回講座・オリエンテーションを同日、長野市篠ノ井のグリーンパレスで開催。講座内容は「防災」をテーマに、家の光を教科書にして「防災ブレスレッド」を制作。受講生間で教えあいながら「アウトドアコード」を使いホイッスルのついたオリジナルブレスレッドを完成させた。
カレッジ初登録生は、「今までずっと女性カレッジに興味を持っていたが、参加できずにいて、やっと参加することができた。ブレスレッドは家でも作ってみたい」と期待と感想を寄せた。オリエンテーションで挨拶した星野正純生活部長は、「ぜひ女性カレッジをきっかけに、JAでこんなことをやっていたよと、ご家族やお仲間の話題にしていただき、みなさんでJAを使ってもらいたい」と話した。
今後は月2回の講座日を設け、新型コロナウイルス対策として分散して少人数での活動を開催する予定だ。

詳細を見る

JAグリーン長野の話題