JAグリーン長野の話題

ほ場巡回 着果量確保を確認

ほ場巡回 着果量確保を確認

JAグリーン長野もも部会は6月上旬、ほ場巡回を開催している。長野市篠ノ井の篠ノ井東部青果物流通センター管内は6月2日から4日にかけて、地区ごと、営農技術員と生産者が回り、生育・作業の進捗状況、病害虫の発生状況を確認・指導した。
このうち6月3日の篠ノ井小森地区では営農技術員5人と生産者が、5班に分かれて巡回。樹や園全体を見て、着果量や玉肥大の状況、葉色や病害虫による葉への被害、樹勢などをポイントに状況を確認した。昨年は、モモの大敵「モモせん孔細菌病」が各地で発生し、正品率の低下、台風19号災害による出荷量の減少に相まって苦戦を強いられたなか、昨年からの徹底した病斑切除と防除など、生産者の努力により、一定の成果が表れてきていることを巡回時に確認できた。しかし、巡回に参加した生産者からは、「去年は袋掛け前に何ともなかったように見えた果実が、袋を外したときに感染していたことも多かった」との声が上がったことも踏まえ、仕上げ摘果と同時に袋掛け作業に移行し、果実への感染を防ぐことも申し合わせた。生産者の一人は「昨年の台風やせん孔の分まで取り返したい」と意気込んだ。
また、この4月の度重なった凍霜害により、着果量不足が懸念されたが、巡回した園では、品種差・樹ごとの差はあるものの、着果調節により適正な数量を確保できていることを確認。雨も定期的に降り、玉肥大も順調であることから、着果位置による果実の擦れ傷等にも注意しながら、引き続き、着果量確保を最優先に仕上げるように説明した。
JAでは引き続き、巡回指導や営農技術員による個別指導により、作業進捗の徹底による品質の維持確保、収穫量確保に努めたい考えだ。

詳細を見る

小学生の田植えサポート

小学生の田植えサポート

JAグリーン長野青壮年部松代支部は6月2日、長野市立東条小学校の田植えを指導した。毎年、同校の要請に基づき行うもの。5年生児童22人と青壮年部員3人、JA職員が、約3アールの田へ「モリモリモチ」苗を手植えした。
作業を前に青壮年部員が苗の植え方を説明。植える前に、足跡をならすこと、基準の紐と、紐に示した印に合わせて、等間隔にまっすぐ苗を植えること、また、深く植えすぎないことなど注意を呼びかけ、児童は田に入り、一列に並んで、端から田植え。「足が抜けない」「転びそう」「楽しい」「水が冷たくて気持ち良い」と話しながらも、真面目に丁寧に植え、1時間ほどで綺麗に植え終えた。見学に訪れた保護者は「子どもたちもとても楽しそうで、すごく良い経験をさせてもらえている」と喜んだ。
北澤篤史支部長は、「コロナ禍で子供たちもなかなか自由に活動ができないなかで、元気にやっていただけて良かった」と話すとともに、米作りや農業への理解醸成を願った。

詳細を見る

健康食品に活用「ケール」出荷開始

健康食品に活用「ケール」出荷開始

JAグリーン長野葉菜専門部は6月上旬、「ケール」の出荷を本格化させた。健康食品として需要がある同品目は、管内では青汁等を製造する1社と契約栽培し、個人・団体5組が栽培に取り組む。新型コロナウイルスによる製造品の需要の停滞に伴い、契約数量も縮小したが、JAでは、JA子会社が栽培を見合わせ、個々生産者の生産量は減らさないことで、生産者の手取りの確保に努めている。今年は1kgあたり100円の取引単価で90トンの出荷をめざしている。
出荷を前に5月下旬に2会場で開いた講習会では、全生産者が出席し、販売情勢と出荷規格を確認。葉の黄変や枯れに注意し、葉の角度を一つの目安に適期収穫に取り組むように営農技術員が呼び掛けると、生産者は熱心に、メモを取っていた。
出荷日は週一回木曜日。初回出荷は、5月27日で生産者1人から3,700kgが、2回目の出荷の6月3日には、生産者4人から2,600kgが出荷された。出荷場所の長野市篠ノ井塩崎の集荷所は、JA職員が出荷数量を伝票と照らし合わせ、不備がないかを確認し、運送業者に荷を託した。JA職員は「需要が回復した時に、この産地の品物は良いからと、契約先から取扱量増やしてもらえるように、まずは今年、より品質の良いものを出荷してもらえるようにサポートしたい」と話している。出荷は、11月上旬頃までを予定する。

詳細を見る

トマト市場出荷が本格化

トマト市場出荷が本格化

JAグリーン長野野菜部会施設果菜専門部で「トマト」の市場出荷が本格化している。各戸でA・コープ直売所等への出荷からスタートし、4月23日には市場出荷を開始。専門部員の出荷が出揃ったことに合わせ6月4日、長野市松代町の道島集荷所で目揃会を開いた。生産者16人とJA職員のほか、重点取引市場の担当者が出席した。
販売情勢では、市場担当者とJA販売担当が、市場情勢とJAの販売方針を報告。市場によると、長野県産が増えてきているなか、県外競合産地品の荷量が多く価格がやや低迷。今後、県産・当産地の荷量の増加とともに、県産中心の売り場展開になることで、価格の向上を見通すことも含め、「スーパーの担当者からは、実がしまっていて味が良いと評価も高く、取引価格が早期回復するように努めるので、ぜひ荷をそろえて出荷してほしい」と要請。
JA販売担当者は、地元をメインの取引先に据え、出荷規格(品質)と荷量をそろえて地元産を強みに取引の拡大に取り組むとともに、スーパーマーケットを対象にした直接販売への取り組み、また、地元サッカーチームへの協賛活動を通じた「トマト」の消費宣伝に取り組み、単価向上と生産者手取りの確保・拡大に巻き返しを図る方針を示した。
出荷規格の確認では、熟度を6段階に分け、市場出荷品に適す熟度を示し、この色見本に合わせて出荷を進めること、一箱の色目を合わせることを営農技術員が呼び掛けた。
橋本義紀専門部長は、「いよいよピークを迎え、天候不順もあるが、健康に留意してより良いトマトを出荷していきたい」と意気込みを述べた。
同専門部のトマトの市場出荷は5月下旬からピークを迎え7月中旬頃まで出荷、その後、抑制作型へとバトンタッチし、11月下旬頃まで出荷が続く。全体の出荷量は、2万ケース(1ケース=4kg)をめざしている。

詳細を見る

地域の協力得てアルミ缶回収

地域の協力得てアルミ缶回収

JAグリーン長野女性部若穂総支部は長年、「アルミ缶回収」を続けている。JA施設4か所に回収袋を設置し、支部員や地域、JA長野厚生連長野松代総合病院附属若穂病院の協力を得てアルミ缶を集め、その収益金で、同院の要望に応じた医療関連器具を寄贈。10年以上、地道に続けられる女性部らしい地域・医療貢献活動だ。
回収業者への引き渡しは、1か月から1か月半に1回、総支部役員がアルミ缶以外の異物等が混入していないかなどを確認したのち、トラックに載せる作業を手伝う。6月1日には役員3人が集まり、業者の手を借りながら、1袋(約20kg入り)、計8袋(約160kg)をトラックに乗せた。役員は「農作業の合間の重労働だが、力を合わせればあっという間に終えることができた」と汗を拭う。また、ほかの役員も「女性部のみなさんも、地域のみなさんも回収に協力してくれて、毎回たくさん集まり、ありがたい。これから夏場は水分補給の機会や量が増えてさらに缶も増えるので、頑張って集めていきたい」と話した。
女性部担当の職員は「地区を巻き込み、女性部役員さん自ら率先して行ってくれ、自主性があり、女性部の中でも模範となる活動。資源の有効活用、環境保全にもつながるので、他地区や総支部にも事例を紹介しながら、女性部らしい活動の輪が広がればうれしい」と話し、活動をサポートしていく考えだ。

詳細を見る

JAグリーン長野の話題