組織概要

JAの概要(平成31年2月末現在)

JAグリーン長野は、平成6年(1994年)にJA篠ノ井、JA信更、JA大岡村、JA長野南の4JAが合併し、誕生しました。また、平成10年にはJA若穂と合併し、長野市南地域がJAグリーン長野管内となりました。
当JAは、県都長野市を南北に分ける犀川の南部に位置し、「川中島の合戦」で知られる川中島地区を中心に西は聖山から茶臼山につながる丘陵地帯の信更・大岡地区、東は千曲川東岸に広がる松代・若穂地区で構成され、広さは約4,200haです。地域の人口は約13万6千人で、善光寺平の南部にあたる平坦地は近年、長野市のなかでも特に開発がすすんでいる地域となっています。
犀川と千曲川によって形成された肥沃な土地は、古来から水稲や野菜などの栽培に適しており、品質の高い農産物の生産地です。現在は、特にりんごや桃など果樹の品質が高く評価されており、「川中島白桃」など注目ブランドも生まれています。
千曲川河畔では長いもなどの特産品も栽培され、今や人気の観光スポットとなった歴史の町「松代」を訪れた来訪者がこの地域の旬の農産物を買い求める姿も日常的な風景となっています。

組織の概要

名称 グリーン長野農業協同組合
設立 平成6年(1994年)3月1日
所在地(本所) 長野市篠ノ井布施高田961−2
代表理事組合長 神農 佳人
組合員数 20,659人(平成31年2月末現在)

経営理念

  • 人と人との絆の強化と次世代につなぐ協同の輪を実現します。

経営目標

  • 農業生産基盤の強化による産地の維持をはかります。
  • 組合員とJAのつながり強化に取り組みます。
  • 総合事業を支えるJA経営基盤の確立を実現します。

基本目標

  
  • 地域農業の多様な担い手の確保と育成に取り組みます。
    • 地域農業の生産基盤の強化をはかります。
    • 出向く営農指導と担い手支援対策の強化に取り組みます。
    • 安全・安心・高品質な農産物の生産拡大に取り組みます。

  • 多様な担い手の農業所得増大に取り組みます。
    • 農業所得増大に向けた総合販売力のさらなる強化に取り組みます。
    • 直販事業の販売拡大をはかります。
    • 流通センターの機能強化に取り組みます。
    • 生産資材コストの削減と効率的事業運営体制を確立します。

  • 組合員ニーズの把握に基づく総合事業としてのメリット発揮に取り組みます。
    • 組合員のライフステージやニーズ・地域特性に応じた対応の強化に取り組みます。

  • 准組合員のJA参画の向上に取り組みます。
    • 准組合員の事業利用の重要性を認識し、その対応の強化をはかります。

JA

  • 総合JAの経営力向上による事業利益の確保をはかります。
    • 成長化戦略により経営力向上をはかります。
    • 事業効率化による収支改善をはかります。
    • JA・県域組織が一体化した事業方式や管理体制の検討・実行します。

  • リスク管理態勢の強化と健全なJA経営の実践に努めます。
    • リスク管理と法令遵守の徹底による信頼されるJAづくりをすすめます。